アーカイブ
カテゴリー
カレンダー
2014年12月
     
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  
制度について

数珠と手生活保護を受けている方が死亡した場合、その喪主の方は葬祭扶助という制度を受けることができます。
まだまだ認知されている方が少ないのが現状です。
身内に保護申請者がいらっしゃる場合は、いざという時に役立つ制度です。
保護を必要とした方が死亡した場合、喪主の方が保護申請をしていなくても、受給条件を満たせば申請できるのです。
こちらの制度は、あくまで保護を受けている本人が死亡した葬儀費用ではなく、喪主に資金力がない場合に受けれます。
また、喪主にある程度の収入や資産がある場合や葬儀費用が指定されている金額より上回ってしまうと扶助は受けれないので注意しましょう。
その他にも気をつけることがありますので、市役所に確認することが大切です。

生活保護葬

保護を受けている方は、身内の方が費用を負担する場合以外は、火葬のみが一般的です。
特に葬祭扶助を受けている場合は、お通夜や経読などが一切できません。
生活保護葬の葬儀の流れについてご紹介します。
まず、業者に連絡後、お迎えがきます。
その後、遺体を安置して、業者と打ち合わせなどを行い、納棺です。
次に、出棺し火葬した後、お骨拾いを行い、ご自宅に持ち帰るというシンプルな流れです。
また、業者に依頼する時に気をつけることは、まず市役所で葬祭扶助が受けれるかを確認することです。
まずは、保護を受けていた対象者の住民票がある市役所に連絡します。
自分が喪主で、葬祭扶助を受ける場合で、対象者と住民票がある市役所が違う場合は、そちらにも電話しておきます。
受給できるとわかった時点で、葬儀会社に連絡しましょう。

オススメリンク

お金がない

業者の特徴

最近、生活保護の方が増えてきたというニュースを良く聞きます。…Read more
ピンクの睡蓮

業者を選ぶ

葬祭扶助制度は、生活困窮者であっても最低限の葬儀が行えるよう…Read more
お墓

葬式の費用

病気などの理由で働くことができなくなり、生活保護を受給するよ…Read more

関連リンク